【iOS7】iOS7以降でかわる広告収益型アプリのあり方

Pocket

 さてさて、9月上旬に新型のiPhoneが発表されるとか、されないとか。すでにiOS7は6月に発表済みでBETA版をお試し済みでございます。その流れから行くと、発表はあるのだろうと思っていますが、実のところそこまで興味が無い。いまは、iPhoneよりも「Xperia Z Ultra」のほうが可係でなりません。

 が、アプリを開発する見としては、iOS7で、広告型の無料アプリを制作するのにちょっと厄介事を抱え込んでしまいまったように思っています。

 iOS7の変更点に、アプリを終了せずにiPhoneの設定を一部変更できるようになっています。その名もコントロールセンター。

 いつでもどこでも、画面下からスワイプすると表れるこの、コントロールセンターがちょっと曲者。。 iFi、Do Not Disturb(おやすみモード)、輝度、音楽再、AirPlay、その他多くの機能の切り替えが行えれますが、ここに、フライトモードの切り替えができます。

 これにより、いつでもどこでも、Wifiや3G回線とおさらばできます。便利なのですが、無料アプリで、ネット越しに広告データを取得してる場合、アプリ起動直後にフライトモードに切り替えてやると、広告は表示されなくなるという広告嫌いにはたまらない超便利機能。

 おそらく、iOS7がリリースされるとメジャーなサイトでこのことが取り上げられ、瞬く間に広がるでしょう。

 それは、仕方ないことです。我々、開発者が出来る対抗策は、ネット接続をコマ目にしないといけないアプリを開発することに、もしくは、アプリ内課金へのシフトとなってきます。

 時代の流れは早いもので、追いかけるのが大変だけど、役立つものを作り続けていきたいなぁ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*