【WordPress】wp_cli の phar をつくる

Pocket

 Wordpress をコマンドラインから操れる wp_cli 。なんて素敵なモノを作ってくれたんだと感極まるのも束の間、エラーで動かなくて立ち往生。

 修正したいけど、Pharアーカイブという、色々なものをひとまとめにした形式になっていて、それの作り方がわからず、さらに立ち往生。ということで、まずは、 phar のつくり方をメモしておきます。

ソースの取得

 まず、githubから wp_cli のソースのダウンロードします。バーションには気をつけてくださいね。最新版は開発中の物の可能性が高いです。

Composerのインストール

 Composerは外部ライブラリを管理するアプリで、 wp_cli のソースにはそれらを管理するための Composer.json がはじめから同梱されていますので、必要なライブラリをセットアップします。注意点は、PHP5.3.2以降が必要となります。

 それでは、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍しそのディレクトリに移り、下記2つのコマンドを実行します。

 そうすると、解凍したディレクトリの中に ./vendor というディレクトリが新しく増えています。

Pharの作成

 Composer の準備が終わったら、Pharを造る準備が整いました。あとは、

 を実行すると、wp-cli.phar の出来上がりです。

 おわり

Pocket

One Responseso far.

  1. […]  これで、downloadは可能になります。あとは、pharファイルを作成して完成です。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*